読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リリースラッシュ

2月は過去に例を見ない数のリリースラッシュでした。ざっと羅列すると下記の感じになります。

・2/3 ZEKKEIサイトリリース [ URL ]
・2/10 テンプレート素材リリース [ URL ]
・2/12 出張撮影マッチングサービス「fotowa」ティザーサイトリリース
・2/22 PIXTAタイ語版リリース [ URL ]
・2/24 PIXTAフルリニューアル
・2/29 「fotowa」本サイトリリース [ URL ]
・3/3 PIXTAスマホアプリリリース ←イマココ [ URL ]

それぞれ意味合いは違えど、本質的には「顧客の創造」+「顧客への提供価値を高める」という活動です。

PIXTAのこれまでの10年間を振り返ると、4年弱をかけて0→1を乗り越え、1→10を5年かけて達成し、当然次は第3ステージとして10→100を目指すことになります。しかしこれまでと同様のスピード感でやっていると10年以上かかってしまいます。その間に競合環境や市場動向はもっと早く変化し、むしろ成長が止まりかねないという危機感がありました。

そこで昨年9月の上場を契機にこれからの方向性を経営陣で議論し、大きくは「顧客基盤を増大させる」「サイトの価値を徹底的に高める」ことを2大テーマとして定めました。そのために必要な施策をすべて洗い出し、これまでにないスピード感を持って、かつ不確実性の高い施策でも可能性があれば躊躇なく挑戦しよう、という姿勢を持つに至りました。

その最初の成果として、まずは2月のリリースラッシュにつながりました。この短期間でこれだけのリリースをしきったという成果は誇れる一方、気が重くなっていることも事実です。それはなぜか。

これまでにも僕たちは様々な取り組みをしてきましたが、どれも始めるのはそれほど難しくはありません。難しいのは、それぞれをリリース後に、ユーザーにとって本当に価値あるサービスや機能にまでブラッシュアップしきれるかどうか、だと思っています。

そしてその活動は本当にしんどいものです。正解がない中で限られたデータやユーザーの反応を見ながら仮説を立てて改善を実行していく、しかしそのほとんどがはずれる、という冷徹な事実が待っています。そこを乗り越えるためには気が遠くなるような作業が必要です。

例えるならほとんどボールが見えない暗闇の中で、バットを何度でも振ってボールに当てなければいけないという状況、または広大な砂漠の中から砂金を探し当てねばならないという状況です。

しかしさらに大きく成長を果たすためには、その活動を避けて通るわけにはいきません。むしろそのPDCAをいかに高速に回し、大量のはずれの中からいかに正解を1つずつ見つけていけるか、という挑戦になります。

それぞれのチームがその気が遠くなる作業を本当にやり切ったときに、僕らは次のステージ、10から100への道筋が霧が晴れたように見えてくるのだと思っています。

チームピクスタの皆さん、この数ヶ月は限られたリソースの中で、ほぼスケジュール通りに多くのリリースをしきってくれたことは本当におつかれさまでした。

僕らは休む間もなく次のステップに進まねばなりませんが、その先にある「インターネットでフラットな世界をつくる」という理念の実現、また2020年の大きなビジョンを達成するためにも、また前を向いて一緒にがんばりましょう。

※そんなピクスタで挑戦してみたい!という方は求人募集一覧をご覧ください!

 

PIXTAクリエイターズアワードとプラットフォーム事業の競争力について

先月1月に「PIXTAクリエイターズアワード」を開催しました。
このイベントは昨年から開始して今回が2度目です。

それまでも散発的にイベントは行ってきたものの、PIXTAを支えてくれるクリエイターの方々に対して象徴的なイベントはありませんでした。会社としての体制が整い余裕も出てきたころから企画をはじめ、昨年1月に初のアワードを開催することができました。

今年は2回目でしたが、会場もプログラムもグレードアップしてTOPクリエイターの方々を迎えることができました。

f:id:daikoma1126:20160209195400p:plain

 

ちなみにピクスタ創業時の想いというのは

  • 世の中には素晴らしい才能を持つ人達がたくさんいる
  • しかしそれがほとんど世の中に活かされていない現状に気づいた
  • そこでインターネットを最大限活用し、プロアマ問わずどんな立場の人でも才能を発揮できるフラットな世界をつくる

というものでした。

最初はその想いしかない状況で、PIXTAというインターネット上のプラットフォームを立ち上げ、いろいろな試行錯誤をしていく中で徐々にクリエイターの方々が登録してくれ、徐々に投稿も集まり、徐々に顧客からの利用も進むということを数年かけて形にしてきました。

10年がたった今、PIXTAで活躍することでアマチュアからプロに転向した方や、月間3桁万円の収入を得る方、PIXTA自体が生きがいになっていただいている方がどんどん生まれてきています。創業の想いが徐々に結実してきていることを本当にうれしく思っています。

PIXTAにとってクリエイターの方々は、このフラットな世界を一緒につくり上げてきたパートナーのような存在です。


----------------------------------

話は変わりますが、インターネット上のプラットフォーム事業における顧客とは、最終的にお金を払ってくれる人だったりコンテンツを消費してくれるユーザーのことです。

ただ顧客を獲得し、リピートしてもらえるかどうかは、プラットフォーム上の商品やサービス、コンテンツの質や量や価格によってきます。もちろんUI・UXや検索性も大事ですが、そもそも良い商品・良いサービス・良いコンテンツがないと顧客にとって価値がありません。

世界的なプラットフォーム事業、シェアリングエコノミーの代表格であるUBERやAirbnbも、顧客が使ってみて本当に良いサービス体験をすることができリピーターとなり、それが口コミとなって評判を呼び、さらに良いドライバーや良い物件が集まるという好循環ができて今にいたるということだと思います。

やはりプラットフォーム事業における根源的な競争力というのは、良い商品・良いサービス・良いコンテンツを継続して提供できる体制をいかに構築できるかにかかっている、と思います。またそこにおいて他を突き放したプレイヤーが圧倒的No1というポジションを得ることができます。

その意味では、PIXTAはやはりひとえにクリエイターの方々が競争力の源泉であることは間違いありません。クリエイターの方々に優良な作品を継続的に提供いただけるように、サイトを投稿しやすく作り込み、必要な情報を積極的に提供し、セミナーや撮影会を頻繁に開催し、作品審査で丁寧なフィードバックを行えるよう日々努力を行っています。


そしてその企業努力に応えていただき、多くの素晴らしい作品を提供いただいたTOPクリエイターの方々を今回表彰することができて感無量でした。


アワード後の参加者アンケートで「一番良かった内容は何ですか?」という質問で「PIXTA古俣よりご挨拶」を選んだ人がゼロ、という結果にめげることなく、クリエイターの皆様とこれからも一緒に素晴らしいプラットフォームをつくり上げていければと思っています。

不確実性への挑戦

気がついたら早くも1月が終わっていました(꒪⌓꒪)。

今年の1月は全社合宿でスタートダッシュを切ったり、昨年活躍したPIXTAクリエイターさんを表彰する「PIXTAクリエイターアワード」を開催したりとめまぐるしくすぎました。 

ところで今年は全社的に「不確実性への挑戦」というテーマを掲げています。

昨年は上場もあり、既存事業を伸ばすことに集中してきましたが、今年からは「これまでにないような新たな挑戦」を増やしていきたいと考えています。 

年初の合宿でもいくつもの「不確実性への挑戦」がありました。

 

キュートな新卒女子に指示されながらどこまでリスクを取ってのけぞりそして飛べるのか、という挑戦であったり、

 f:id:daikoma1126:20160203183725j:plain

f:id:daikoma1126:20160204000644j:plain

f:id:daikoma1126:20160203183819j:plain

 

 

インドア派がメインの会社なのに果たしてこのテンションについてこられるのか?という挑戦だったり、

f:id:daikoma1126:20160204000911j:plain

 

f:id:daikoma1126:20160204000928j:plain

 

iPhoneを生み出した天才起業家に負けない創造性を発揮できるのか?という挑戦もあったり、

f:id:daikoma1126:20160204001012j:plain

f:id:daikoma1126:20160204001036j:plain

f:id:daikoma1126:20160204001107j:plain

f:id:daikoma1126:20160204001125j:plain

f:id:daikoma1126:20160204001141j:plain

 

さらに役員としてあえて空気を読まずに飛び込んでいく、という挑戦でした。

f:id:daikoma1126:20160204001235j:plain

f:id:daikoma1126:20160204001246j:plain

 

この年始のスタートダッシュに続く、絶え間ない挑戦を全社をあげて推進していきたいと思っています。

 

今年のピクスタにどうぞご期待ください。

 

※おまけ(ジョブスの呪い・・)

f:id:daikoma1126:20160204001822j:plain

今年もありがとうございました2015

2015年はピクスタとして大きな節目となりました。
8月に創立10周年を迎え、9月に東証マザーズに上場することができました。
 
まだまだ道半ばではあれど、ここまで来れたことはとても感慨深いです。
 
いつも思いますが、僕をはじめピクスタメンバーにはいわゆるピカピカの経歴の人材がいるわけではなく、創業して数年たった時期でも上場に値するような成長が実現できるかどうかは誰もわからない状態でした。
(僕ですらそこまでの実感は持っていませんでした)
 
しかしどんなときでも1つだけ言えたことは、PIXTAというインターネットを活用した、誰もが才能を活かせるフラットな世界が生み出す価値というものをメンバー全員信じて疑うことはありませんでした。
 
そして信じ続けたその価値を、1日1日着実に1つずつ積み上げてきて、それを10年続けて今にいたったのだなぁということです。
 
これまでにはもっともっと非連続な成長を実現せねばという焦りもありましたが、実際のところはたゆまない連続した活動をひたすら続け、気付いたら大きな価値に結実していたという表現が正しいと思います。この10年はこのやり方が正しかったのだろうと今は思っています。
(ビジョナリー・カンパニー2における弾み車を回し続けたのだと実感していますw)
 
僕含めピクスタメンバーも、最初は自信も経験も能力も実績も何もないところから少しずつ挑戦と試行錯誤を続け、PIXTAの成長とともに経験を積み自信がついてできなかったこともできるようになり、見えなかった景色が徐々に見えてきたのだと思います。そんなピクスタメンバーを心から誇りに思っています。
 
これからもたゆまない努力と挑戦を続けることは変わりませんが、非連続な成長の実現はこれから先の自分達に譲りたいと思います。
 
これまで支えてくれた多くの方々への感謝と共に、また来年からピクスタメンバーとともに大きな価値を生み出していきたいと思います。
 
今年も本当にありがとうございました!

上場して変わったこと

こんにちは。台湾に2日間いたら口のまわりに吹き出物が2つできあがった古俣です。
 
9月に東証マザーズに上場してから3ヶ月がたちました。上場後に「何か変わりましたか?」とよく聞かれるので、変わったことをまとめてみたいと思います。
 
中身は本質的に変わらない
いきなりですが、当然ながら僕および会社の中身は基本変わらないです。これまでどおりの目標に向かってやるべきことをやり切る、それをひたすら繰り返すということには何も変わりはない。ということを再認識しました。
 
営業のインバウンドと取材依頼が急増した
ここは上場における効果を期待していた1つなので、目論見どおりかなり増えてくれました。体感値としてはそれまでの5割増ぐらいでしょうか。特にピクスタの事業はオンラインベースですが法人向けサービスなので、上場による信頼性、知名度の向上が顧客獲得の大きな助けとなってくれています(ただし比例して時間の余裕がどんどんなくなっていきます)。
 
 人材採用についてはまだ判断つかず
上場すると、応募してくる人材の質が良くも悪くも変わるとよく聞きますが、あまり変わっていないような気がします。むしろ今年を通じて参加してくれたメンバーがとても優秀なので、今後の活躍が楽しみです。
 
 チヤホヤしてくれる人が増える
思っていたよりも大きかったのがこれです。やはり上場というマイルストーンがわかりやすいためか、いろいろな人がチヤホヤしてくれます。ここはむしろ気をつけねばならず、生涯イチ修行僧としての自覚を再認識する必要があります。
 
モチベーションがさらに増した 
「株価」「時価総額」という数値化された指標で自社の客観的評価(様々な要因はあれど)を得ることができ、さらに他社と比較できることが自分にとって大きな刺激になることが発見でした。
 
もちろん現在の水準にはまったく満足していないため、結果の指標ではあるものの株価、時価総額を上げていくという新たなモチベーションの源泉を得られたことは大きな収穫だったと思います。ただ株価に振り回されるのは本末転倒なので、あくまでも業績の向上や成長を果たしたあとに結果としてついてくるものだ、という認識を持つことが大事ですね。
 
 
<番外編>
 スーツを着ることに慣れる
ピクスタを創業後10年間、結婚式以外にスーツを着ることはなかったので、上場が見えてきたころ関係各所に「スーツを着なくても上場前後は乗り切れるのでしょうか?」と聞いてみたところ「あり得ないだろぅ(゚Д゚)ゴルァ」というありがたいお言葉をいただきました。
 
そこで慌ててスーツセットを2着、ワイシャツ・ビジネス用靴下を5着、革靴を2足大人買いしました。最初は着られている感満載で社内でもすれ違うたびにクスクス笑われていたものの、今ではだいぶ着こなしに慣れて「なんか社長ぽくなりましたね」と褒められているのかDisられているのかよくわからない評価を受けています。 
 
美容院を変えてDisられる 
上場まではカット3500円の美容院に行っていたが、おでこの面積が増してきた気がするので、それに似合う髪型にイメチェンしたいと思い、カット6500円の美容院に変えてみました。しかし当然のように会社のメンバーにはまったく気づかれず、自ら得意気に話してみると「6500円の美容院ですかぁ!上場して変わっちゃいましたね・・」とDisられた上に髪型にはまったく言及されない結果になりましたとさ。。
 
ドMゴゴロを満たしてくれる 
会社のトイレのハンドソープを詰め替えたり、社内の忘年会でお酌をしたり料理を取り分けたりと、これまでと同じ行動をしながら「そういえば俺、上場企業の社長なんだよな」と密かに思い出すことでドM気質が満たされるという高度な技を身につけました。
 
ということでいろいろ変化もありますので、上場というものはオススメですYO!
 

ピクスタ株式会社10周年!

みなさまこんにちは。8ヶ月ぶりのブログ更新で小刻みに手が震えてうまくタイピングが進まない古俣です。

・・・にもかかわらずブログを更新する理由。それは今日が会社を設立して10周年だからです。

10年前に1人でガイアックスのオフィスを間借りしてスタートしたこの会社も、今では50人の素晴らしい仲間と数十万人のクリエイター・顧客の皆様、素晴らしい株主に支えられ、デジタル素材マーケットプレイスとして国内No1プレイヤーとなることができました。

ここまでこれたのは、最初に抱いた小さな想いと、そこに共感していただき少しずつ集まってくれた方々と、時代の追い風という運にも恵まれたおかげだと思っております。

特にPIXTAをスタートした直後から作品を投稿いただいたクリエイターの皆様の熱量は、その後も衰えるどころか質も量も日に日に高まる一方でした。

事業の立ち上がりの遅れに悩んだときも、資金繰りでどうにもならない状況になったときも、コスプレの演技でダメ出しされまくったときも、いつもクリエイターの皆様の投稿作品の素晴らしさに励まされてきました。

そのおかげでどんなときでも、この事業は絶対に立ち上がる、世の中に価値を生み出せると信じ続けられたことが、今の状況をつくることができた最も大きな要因であることは間違いありません。

会社としては10年という節目を一旦迎えましたが、僕らが目指すフラットな世界はまだまだはるか先にあるので、さらに気を引き締めてがんばっていきたいと思っております。これからもご支援のほどよろしくお願い申し上げます。

いつも支えていただいているたくさんの皆様に感謝を込めて。

ピクスタ株式会社 古俣 大介

今年もありがとうございました2014

今年も無事に終わろうとしていますね。

いつもより年末感が少ないのは、ソーシャル上でさらに多くの人とつながり、世間との隔絶感が減っているからでしょうかw。

今年は会社として9周年、サービスとしてPIXTA8周年を迎え、老舗ネット企業として認識されることも多くなってきました。

しかしその分僕らの存在は確実に浸透しており、実際に利用いただいているという方とお会いすることが本当に多くなってきていてありがたい限りです。

今年は業績としていくつかの節目があり、また4月にImasiaという定額制素材サイトをリリースし累計1000ユーザーの方にご利用いただけました。素材点数は国内プレイヤーとしてダントツである1000万点達成も目前となっています。

海外展開においても現状は試行錯誤の連続ですが、海外チームの徒手空拳の奮闘により、そう遠くないうちにブレイクする胎動を感じています。

個人としても尊敬する起業家や様々な業界の方と知り合うことができて充実した1年でした。今年の後半から入部したG1囲碁部では25年ぶりに本気で囲碁を打つことができ、さらに年内最後の会では部長であるDeNA守安社長から副部長の任命もいただき、来年はネット業界に囲碁を布教していこうと思いますw。

反省点としては、英語力の向上がほとんどできなかったこと、また読書時間があまり確保できなかったことです。来年は初めて僕の直属部署がなくなり、海外に行ける機会が割と作れそうなので、さらに多くの知見を得て経営者としての器をもっと大きくしていきたいと思っています。

ということで今年もいろいろありましたが、会社としてサービスとして引き続き順調に成長することができ、来年はさらに楽しみな展開になりそうです。

これもいつも支えていただいているクリエイターの皆様、顧客の皆様、ピクスタメンバー、株主の皆様、友人の皆様のおかげです。本当にありがとうございます。

引き続き「インターネットでフラットな世界をつくる」という企業理念を実現していくべくがんばっていきたいと思います。来年もよろしくお願いします!