読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネットベンチャーを8年間やってきて学んだ役に立たない10のこと

ブログ


こないだピクスタアンテナという当社のオウンドメディアで僕が書いた「ネットベンチャーを8年間やってきて学んだ20のこと」という記事が恐ろしくバズった。(3万PV!)

そこで続編として、個人的には学んだことだが、他人には役に立たないであろうことも10個あげてみた。

ピクスタアンテナでは事前に止められ陽の目を見ない可能性があるので、こちらでコソーリ公開するです!


1)誰よりも早く歩く

歩くスピードは人生のスピードだと思い込んでいる。


2)鬼嫁と結婚する

社長なので会社で怒られなくとも、家で怒られるので謙虚でいられる。


3)スーツは着ない

個性として着るのはいいが埋没を避けるためにスーツは着ない。帝国ホテルの表彰式でも着ない。そして広報に怒られる。


4)人には会わない

人に会わなくても売上が伸びる収穫逓増のビジネスモデルを追求する。しかし実は単に人見知りなだけ。そして社長なのに初めての出張が創業6年後。


5)アダ名をつける

新人が入るとすぐにアダ名をつけて、社内になじむ配慮をする。しかしほとんどは定着せず自分だけが呼んで終わる。


6)ただの返答にも創意工夫

いまどきのネット企業はチャットでコミュニケーションを取っているが、常に改善の意識を持ってちょっとした返答も工夫する。

例)「了解しました→了解サマンサ」「ありがとうございます→ザーマス」「なるほどです→なるほ丼」など。スルーされてもめげない。


7)サッカーは効率的に見る

サッカー好きなネットベンチャー経営者は多いが、1試合1時間半という時間はなかなか取れない。消極的選択肢として2倍速で見る。


8)体調管理に気を遣う

カップラーメンorやきそばを食べるときにはサラダや野菜ジュースも一緒に摂って中和される気になる。しかし中和されるわけがない。


9)クレジットカードは10枚以上つくる

最終手段の借入先としてコミットメントラインを設定しておく(カードつくるだけだけど)。僕は5枚ですんだが、つくれるだけつくっておく。


10)とにかく気合いと根性で乗り切る

やっぱり最終的には気合と根性、と肝に銘じる。4時間かけて請求書の封入をしていた頃を忘れない。


ということで、少しでも起業を志すみなさんのお役に立てればうれしいです。役に立たない!と思ったらぜひシェアをお願いします!