読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今年もありがとうございました2013&振り返りランキング

ブログ

今年も無事に1年が終わろうとしている。
PIXTAは5月にリリース7周年を迎え、満点とはいかないまでも今年もいろいろな展開ができた。
 
そこで今年のPIXTAにまつわる個人的に印象に残った出来事を、ランキング形式で振り返ってみるです。


第5位 インターン採用開始

これまでピクスタは中途メインで採用をおこなってきたが、このあたりで意識の高い学生を投入して組織内に化学反応を起こすのも良いかと思い、ETICさんの協力を得て2月から採用を開始した。
(ちなみにETICさんにお世話になるのはガイアックス時代と1社目の立ち上げ時に続き3回目である)

1人目でやってきた花房くんという当時横国大の2年生は、古着好きということで面接時にヨレヨレの魔法使いのような格好で現れ、さらに落ち着きがまったくなかったが勢いで採用してしまった。

しかし数カ月後には見違えるように成長し、ある程度の案件までは任せることができるようになって卒業していった。それから1年がたとうとしている今は起業準備中で、僕から見てもけっこういい線までいけるんじゃないかという予感さえ持てるぐらいになっている。

学生はそういう予測不能な非連続成長をするから面白い。その後も普通じゃない学生を数人の受け入れている。


第4位 初の英語プレゼン@ベルリン

11月にベルリンで開催されたマイクロストックフォトエキスポという、世界各地からマイクロストックプレイヤーが集うイベントに参加し、PIXTAのプレゼンを行う機会があった。

当然英語プレゼンなので、事前に社内の帰国子女メンバーを中心に原稿を練ってもらい、数十回の練習を経て望んだところ、それなりに良いプレゼンができた(らしい)。

しかしプレゼン後に「おもしろかったよ」と何人もの欧米人が話しかけてくれたが、そこで英語力不足が思い切り露呈し、表面的な会話しかできずに終わってしまって結果的には自己嫌悪で終了…orz。

「やっぱ帰ったら英語を1番がんばろう!」と毎度思う結果になりましたとさ・・。


第3位 広報の本格スタート

これまでは主にグロースハック的な改善につぐ改善によりPIXTAを伸ばしてきたが、もう一段上の成長を実現するにはということで、広報の重要性を再認識したのがちょうど1年前ぐらいだった。

2009年~2010年ぐらいに起こった副業ブームのときには、テレビや雑誌に毎月のように取り上げられてそこでかなりのユーザーを獲得できたが、ブームが沈静化したあとはあまりメディアに取り上げられることも少なくなった。

そこで6月に広報専任のK嬢を採用し、こちらの記事にあるように無理やり肉を食べてもらいながら広報活動を本格化したところ、半年の間にけっこうな媒体に取り上げてもらうことができた。

これまで制作業界にしかなかった知名度も徐々に広がってきている実感もあるが、来年はさらに多くの人に知られるような活動を行っていく予定。


第2位 海外展開①→シンガポール子会社設立

国内が軌道に乗った今、そろそろ海外展開だろうということで、役員3人でシンガポール/マレーシア/台湾を10日間かけて弾丸リサーチしてきたのが2月。

そこで出た方針を元に、コンテンツ担当役員の内田氏と海外赴任を希望していた岡氏のコンビで、ステルスでシンガポールで活動を始めたのが5月。

そこからはずっと2人でホテル暮らしでかなり大変だったと思うが、半年間で初動としてはけっこうな成果をあげてもらい、晴れて11月に現地法人設立となった。

異国の地でまさに徒手空拳で立ち上げた2人のバイタリティは、これぞベンチャー!ということで
手前味噌ながら本当に尊敬っす。。
(僕ではたぶん無理ぽ・・)


第1位 海外展開②→PIXTAの他言語化

海外展開のもう1つの柱として、7月に英語版、12月に中国語版をローンチした。

当社の商品はビジュアルコンテンツなのでそもそも海外展開しやすいこともあるが、マーケットプレイスとしてそれなりの仕組みボリュームがあるので、1年で2つの言語を立ち上げられたのは褒められてしかるべきだと思う。

まだ取引金額としては微々たるものだけど、アジア含め世界中から素材がダウンロードされ始めているし、数年後のアジアNo1という目標に向けて良いスタートを切れたと思う。

リードエンジニア白倉氏を中心に、企画・開発メンバーが一丸となって頑張ってくれた成果ということでお疲れさんでした!


以上、振り返ってみると今年は海外展開がスタートした大きな節目だったと思う。
来年もさらにがんばります!