読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アジア弾丸ツアー!

2月の下旬から3月初旬まで、アジア市場リサーチを目的に3カ国を回ってきました。訪問先はシンガポール・マレーシア・台湾。

PIXTAの日本での事業基盤ができつつある今、そろそろアジア市場に打って出るタイミングだと感じていました。

しかしネットだけで調べていても推測の域をでないので、まずは現地を見て、現地の人に話を聞いてみようということで、10日間で3カ国をまわる弾丸ツアーとなりました。

アポ先としては顧客候補、カメラマンなどのクリエイター、現地のストックフォト関連会社など。

英語が堪能な役員の2人も一緒に行くので、アポ設定などは任せてしまいましたが、結果的に20アポ程度をこなしてきました。

やはり行ってみないとわからないことは多く、推測が違っていたこともあったり、逆に推測が確信に変わっこともけっこうありました。そしてアジア展開においてのある程度の道筋が見え、大きな収穫を得られたと思います。やはりそこには大きなチャンスがありました。

仕事以外での学びとしては、1つは国によってはやはり物価水準がまだまだ日本と開きがあるということ。

ただシンガポールだけは日本とほぼ同水準で、最近ではさらに物価は上昇傾向にあるとのこと。また特に近年は日本含むアジア近辺からのシンガポール移住希望者がかなり増えているようです。

あとマレーシアはおおざっぱにいって日本の1/3程度、台湾は半分ぐらいの物価水準でした。この価格差とインターネットを同時に活用するだけで、いろいろな事業展開が考えられそうです。例えばPIXTAでいえば、現地カメラマンに人物写真を低コストで撮影してもらって日本で販売するなど。

またここのところの円安により、出張コストがけっこう変わってきてしまうということもありました。去年から10円以上円安に振れたので、1割ぐらい出張コストが高くなりました。

ただ同時に台湾のある会社の社長が、近々北海道に社員旅行で行くので助かると言っていたり、アジアから日本への不動産投資が活発になってきているという話を聞いたりして、実際には国内外で良し悪しの影響があるものだと実感しました。
(国内にいるだけでは普段あまり考えませんね)

あと余談ですが、けっこう驚いたのが運転の荒さです。タクシーでも平気で車線を無視して走っていたり、少し遅い車がいるとクラクションを鳴らしまくったり反対車線に回りこんで追い抜いたりとなんでもありの状況でした。車の運転に関しては3カ国とも同じような感じだったので、むしろ日本がきちんとしすぎているのかもしれません。。

また一定期間役員が全員不在でも会社はきちんとまわることもわかりましたし、非常に実りのある海外出張であったと思います。10日間で6回のフライトをこなしたこの弾丸ツアーを皮切りに、いよいよPIXTAの世界展開を実行に移していきたいと思います。

最後にこのツアーでお世話になった津田さん、GMO村松さん、インキュベイト本間さん、村田さん夫妻、マイネット上原さん、峯井さん、カプコン越知さん、アドウェイズ埴淵さん、またわざわざシンガポールまで付き合ってくれたグロービスキャピタル高宮さん、誠にありがとうございました!